健康・料理・体・美容

乾燥対策に加湿器を購入する時の選ぶポイントは?

寒くなってくる冬場は、乾燥してくる時期です。

乾燥していると、なぜ風邪を引きやすくなるのでしょうか?

加湿器を使うメリット

そういえば、毎年冬に風邪をよく引くけど、何故なんだろう??
きりん
寒くなって体が冷えると、免疫力が低下しやすくなります。

それと、もう一つの原因としては、乾燥して湿度が約40%以下になると、ウイルスが浮遊しやすくなるからですよ。

風邪を引くと仕事、家事、学校、遊び・・・等、影響が出てくるし、受験の時期だとさらに大変ですよね。

少しでも風邪を引く確率を下げるために、部屋の湿度調整をしたいですね。

乾燥は肌や髪にもよくありません。

加湿器を使用するメリットはというと・・・。

  • 湿度を50%~60%にすることによって、ウイルスの浮遊を抑える。
  • 喉、肌、髪の乾燥を防ぐ。
  • ハウスダスト等を抑え、アレルギー対策。
  • 静電気の発生を抑える。
  • 同じ室温でも、湿度が高い方が暖かく感じる。
今まで加湿について考えたことがなかったです。

自分だけではなく、赤ちゃんや高齢者のいる家庭でも、絶対に加湿したいですね。

4種類の加湿器の違い

加湿器って何を選べばいいのかわからないです・・・。
きりん
加湿器には4種類あります。
  • 気化式
  • スチーム式
  • 超音波式
  • ハイブリッド式
えっ!4種類もあるの!?
きりん
それぞれ特徴があります。
 メリットデメリット
気化式

・消費電力が少ない

・水なので安全

・冬場は寒い
スチーム式

・加熱するのでカビが生えにくい

・暖かくなる

・消費電力が大きい

・吹き出し口が厚くなるので、やけどに注意が必要

超音波式・おしゃれなデザインが多い

・タンク内で細菌が繁殖しやすい

・水の粒子が大きく、べたべたになりやすい

ハイブリッド式

(気化式、スチーム式)

・気化式、スチーム式のデメリットをカバー・消費電力が大きい
きりん
ハイブリッド式はそれぞれハイブリッド気化式、ハイブリッドスチーム式とあります。

加湿器の選び方

きりん
それぞれのメリット、デメリットで選んでもいいのですが、部屋の大きさにあった加湿器を選ぶのを忘れずに。
  • 部屋の大きさに合わせる
  • 抗菌仕様を選ぶ
  • フィルター交換の交換年数と金額を確認
  • 消費電力確認
  • 作動音の確認
  • 自動調整(湿度)
  • タンク等の掃除のしやすさ
きりん
お手入れが結構面倒くさいので、掃除のしやすさは意外と大事ですね。

もしカビが生えてしまったら、加湿器でカビ菌をまき散らしてしまう事になるので、きっちりとお手入れはしましょう。

きちんと調べて購入しないと、後が大変そうですね・・・。

購入して満足できるおすすめ加湿器

気化式加湿器

きりん
パナソニックの FE-KXF15-Wです。

リビングや大きい部屋におすすめです。

ナノイー搭載、加湿フィルターはお手入れが簡単で、10年間交換不要です。

大容量でヒーターレスなので電気代がお得です。

 

きりん
次もパナソニックでFE-KXT07-Wです。

FE-KXF15-Wよりは小さくおやすみモードで寝室におすすめです。

お手入れもしやすくなっています。

きりん
外観もお洒落なバルミューダのRainです。

お手入れ簡単ですが、フィルターは年1回交換が必要です。

空気を洗う加湿器です。Wi-Fi付きですので、外出先でスマホからスイッチオンなんてことも出来ますね。

スチーム式加湿器

きりん
スチーム式加湿器のおすすめは象印。

ポットみたいですが、加湿器です。フィルター不要が魅力ですね。

お手入れ簡単。

ハイブリッド式加湿器

きりん
ハイブリッド式加湿器のおすすめは、人気のダイニチの加湿器です。

抗菌仕様でターボモード、おやすみモードとありますが、おやすみモードが特に優秀で静かなので、寝室用に是非おすすめの1台です。

きりん
コロナの加湿器はママさんの声から生まれた加湿器なので、ママと赤ちゃんをキレイなうるおいで守るので、赤ちゃんのいる家庭におすすめです。

きりん
シャープの空気を綺麗にするプラズマクラスター搭載加湿器も人気ですね

デザインで選ぶ加湿器

きりん
加湿器の機能は大事なのはもちろんですが、リビングや寝室に置くので見た目もこだわりたいですね。

きりんが選ぶ部屋別おすすめ加湿器1点はこれ

それぞれいいところがあるのはわかったけど、一つ選んでください。
きりん
わかりました。

リビング、寝室共におすすめ1点は、こちら

ダイニチ LX、RXシリーズ

 

きりん
ダイニチの加湿器です。

おやすみ快適モードで静か。最小運転は、なんと13db。

抗菌で安心、お手入れが簡単、省エネ、ターボモード有、設定後は自動でコントロールするので、ちょうどいい湿度をキープ。

小さい子どもさんがいても安心のチャイルドロック付き。

広い部屋にはLXシリーズ、寝室にはRXシリーズがおすすめです。

これで乾燥する時期も安心ですね。

インフルエンザやコロナ等のウイルスが活発にならない様に対策することが大事ですね。

そういえば予防接種も打ってっこなくては・・・。

-健康・料理・体・美容

© 2020 きりんの巣箱