ブログ関連

どこに入力?簡単Googleアドセンスでads.txtファイルの問題を修正 

Googleアドセンスに合格して、サイトと連携させると、ads.txtファイルの問題を修正して下さいと、表示されたり途中でこのような注意事項が出てきます。

1度設定してしまえばいいので、ここではXサーバーでの説明をしていきます。

ads.txtファイル設定しないとどうなるの?

アドセンスの広告はきちんと配信されます。

ただし、アドセンスの広告収入を取られてしまう可能性があります。

きりん
Xサーバー使用の場合、ads.txt設置はとても簡単ですのでご安心下さい。

どうやってsds.txtを、どこに設置するの?

ads.txtファイルの問題を修正して下さい。と表示されたら、今すぐ修正をクリックするとダウンロード画面が出るので、ダウンロードをクリックして下さい。

ダウンロードをすると、上のTXTがダウンロードされます。

pub-1234・・・(16桁の数字)はサイトによって違います。

次にXサーバーの管理画面を開きます。

左下のads.txt設定をクリックします。

次に、ads.txt設定追加をクリックします。

  • 広告システム→google.com
  • サイト運営者ID→pub-123456789@@@@@@@(数字は16桁)
  • 契約種別→DIRECT(直接管理している場合)
  • 認証機関ID→f08c47fec0942fa0

ダウンロードしたpub-16桁 だけ個別で違いますが、他は同じですのでコピペで出来ます。

入力し終わったら、確認画面へ進むをクリックして、追加するをクリックして完了です。

きりん
せっかく得た収入が取られていてはいけませんので、注意が出た時は、すぐに設定しておきましょう。設定し終わってもすぐには、注意は消えません。数日待ちましょう。
初心者でも簡単!reCAPTCHA v3の登録方法

続きを見る

URLでログインユーザー名が見えてます!この設定方法で簡単解決

続きを見る

-ブログ関連

© 2020 きりんの巣箱