健康・料理・体・美容

不織布マスクとは?効果は?ガーゼ・ポリウレタンとの違い

あなたは、なぜマスクをするのでしょうか?

ウイルス対策、花粉症とハウスダスト対策です。
マスクをしていないと、世間の目が気になるからです・・・。

マスクの種類

一般に使用のマスクは、花粉対策、ウイルス対策、ハウスダスト対策での使用がほとんどです。

他には、医療現場で使用のサージカルマスクや、特殊な作業で使用のの防塵マスク、ガスマスク等があります。

よく使用される一般的なマスクは、ポリウレタン、ガーゼ、不織布、の生地が多く使用されています。

不織布とは、字のとおり織っていないシート状のものをくっつけた薄い布です。

ポリウレタン、ガーゼ、不織布の違いは?

ポリウレタンマスク

ポリウレタンは伸縮性が良く、生地が柔らかいので肌触りが気持ちいいです。

形状は、立体的ですのでマスクによる息苦しさは感じにくく、顔とマスクの隙間を少なくすることが出来ます。

ただし、花粉のように粒子が大きいのはいいのですが、ウイルスやPM2.5のような粒子の小さいものの対策には向いていません。

飛沫を防ぐという考えではいいのですが、自分を守るという意味ではポリウレタンマスクはウイルス対策としてはおすすめできません。

最近ポリウレタン生地のマスクをしている人をよく見かけますし、色もたくさんありますね。ウイルス対策には向いていないのは知らなかったです。

ガーゼマスク

綿織物の重ね合わせのガーゼマスクは、粒子の細かいウイルスを通してしまうので、ウイルス対策としては効果が薄いです。

飛沫を防ぐという考えではいいのですが、自分を守るという意味ではガーゼマスクはウイルス対策としてはおすすめできません。

子どもの給食当番や冬の寒さ対策にはいいのですが・・・。

不織布マスク

不織布は、目の細かい不織布フィルターによって細かい粒子もカットできるので、花粉はもちろん、PM2.5やウイルス対策には一番のおすすめです。

不織布マスクは大量生産がしやすい為、低価格なのも魅力です。

弱点としては、耐久性が低く、使い捨てです。

不織布マスクを洗っても使えますが、本来の効力は薄れてしまいますし、毛羽立ってしまうので口元がこそぐったくなりますね。

不織布マスクのおすすめ

ウイルス対策のおすすめ不織布マスクは、三層構造の高密度不織布フィルターで、ウイルス、花粉、PM2.5、黄砂、ハウスダストを徹底ブロックの期待が出来ます。

PFE99%・BFE99%・VFE99%確認

あわせて読む
衛生上安心!おすすめ非接触型の温度計(体温計)

続きを見る

1枚あたり24円のおすすめマスク

きりん
最近では1年中マスクが必要になっています。ここでおススメするマスクは送料無料で、60日サイクル又は90日サイクルで定期的に、50枚1箱×2が送られてきます。1枚あたり24円のお買い得価格!定期的に送られてくるマスクがあれば買い忘れもなくおすすめですね。
1枚あたりの価格が安いし、絶対に購入するものなので、家族人数に応じてサイクルが60日、90日と選択できるのはいいですね。

送料無料のマスクサブスク

解約方法は、次回配送日の1週間前までの電話で出来ます。

詳しくはコチラ

-健康・料理・体・美容

© 2020 きりんの巣箱